不倫のSEX 既婚者 ハマる

不倫の問題

不倫のセックスになぜハマってしまうのか?既婚者が入ってはいけない禁断の世界の実態とは?

投稿日:

不倫をしている人達はなぜ不倫をやめられないのでしょう?不倫をしている人たちがやめられない理由としてよく回答に挙がるのが『不倫のセックスが最高だから』という答え。なぜ既婚者にも関わらず、不倫のセックスにハマってしまうのでしょう。今回は既婚者が入ってはいけない禁断の世界の実態に迫ります。

不倫のセックスにハマってしまう原因とは?

結婚していて家庭を築いた人であっても、後に不倫に走ってしまうということは実は良くあるケースです。
ここではなぜハマってしまうのかその原因について考察してみます。

1)人間の『本能』の問題

不倫のセックスにはまってしまう原因はいくつかあり、まずは、人間の本能の問題を挙げることができます。
男性でも女性でも常に新鮮な出会いを求めている人も多く、その根幹には性的欲求というものがあります。性的欲求を持つということは人間としてはある意味では当然のことでもあり、そういう人たちは、欲望を抑えきれずに不倫してセックスに至ってしまうということです。

動物的、野性的な本能と言っても過言ではなく、快楽を求めてしまう方も実際に沢山いることも事実です。
男性の場合では、性風俗店などを利用している人も多く、このケースでは遊び目的や単に性的欲求を満たすというだけで利用している方が多いものです。本来であれば独身者が沢山利用するようなお店になりますが、既婚者の男性でも利用者は沢山います。性風俗店の利用については法的にも問題がないものと解釈できますが、妻であるパートナーにとっては不純行為と考えることも当然ながらあります。

この内容を女性側で考えた場合、女性用のお店というものは原則存在していないことになるので、妻が性的欲求を満たす際には不倫に発展してしまう可能性が高いと考えられます。

2)『夫婦間の関係性』の問題

原因の中には夫婦間の関係性も挙げることができます。出会ってから新婚生活を送っているとき、子供が生まれるまでの期間については性生活を共に送っていることも普通のことですが、後に子供が生まれて子育てに集中しているような家庭環境では、後に男性側が不倫に走ってしまうというケースも決して少なくありません。

お子さんが生まれても、夫婦仲が非常に良いという関係の方も数多くいますが、妻に相手にされなくなったことで、違う相手とセックスしたいと考えだしてしまうことも多々あり、仕事先で出会った人や、級友関係、知人などを介して別の女性と接触してしまうこともあるのではないでしょうか。
しかし、40代以降になると子供が成長していく過程のなかで、いつしかセックスレスの夫婦になってしまうということも十分に考えられます。ごく普通のこととして考えることができますが、このような様態に陥ってしまった際には、妻でも夫でも双方が違う性関係のパートナーを求めてしまうということも意外と多いというのも事実です。

女性側は専業主婦として生活をしていると、孤独感を感じてしまうことも決して珍しいことではありません。寂しさから違うパートナーと親密な関係になることも良くある話で、女性と男性の両方に言えることは、性生活が無くなったことで、ふとしたキッカケで出会った異なるパートナーに心がトキメキ、若かった頃の様に恋愛関係に陥ってしまう可能性が高まるということです。

3)『新鮮さ』の問題

男女共にある程度の年齢に達している場合、本来であればなかなか出会いというものは少なくなってきます。
しかし、同じ世代の方の中には不倫のセックスに興味を持っている方が多いことも実情でもあり、既婚者でもこのような行動に発展してしまうことも多々あることです。

禁断の世界になりますが、やめられない理由というものもあり、やはり性的欲求を満たすために行為を行ってしまう方が圧倒数を占めているものです。その背景には新鮮さというものも同時に味わうことができます。

夫婦の関係であれば、長期間にわたって一緒の生活を送っていることになりますが、別のパートナーを見つけた場合、常に新鮮な出会いや体験を実現することができます。新鮮だからこそ燃える、普段溜まっていたものを全部掃き出すような感覚なのかもしれません。女性の場合は、旦那の淡白なSEXと比べて情熱的に、何度も愛の囁きを受けながら求められるので、愛されているという実感が強く、不倫への情熱が燃え上がってしまうと考えられます。このように今のパートナーにない新鮮さが不倫のSEXをやめられない理由になっていると考えられます。

4)『吊り橋理論』

不倫は初めは安易な気持ちでスタートしてしまうことが多いですが、家族や周囲の人間にバレない様に交際するところが、新鮮さの他にもスリル感というものもあり、どことなく普段の生活を忘れて若返りをしたような現実逃避に近い特別な体験をすることができるので、一気に燃え上がりやすいと言えます。

いわゆる吊り橋理論(つりばしりろん)として証明されている様に、危険な所のドキドキ感が、恋愛のドキドキと錯覚をして恋に陥るというものです。不倫のドキドキ感も相手へのドキドキと錯覚をして、一気に恋愛感情に陥ってしまうということです。

既婚者でも禁断の世界に簡単に入れるものなのか?

不倫のSEX 禁断の世界
答えはYESです。現在では既婚者でも禁断の世界を作ることは意外と簡単なようです。
特にスマートホフォンを利用している人の場合では、かなり簡単です。ネット上には出会い系アプリなどが存在していて、その中にはセックスを目的にした出会いを得意分野にしているアプリも見つけることができます。
このような便利なサービスが普及をしていることで、気が付けば快楽を求めて他人と出会っているということも、今では決して少なくないと言っても過言ではありません。

夫婦間で飽きが来てしまっていて、既に仮面夫婦のような存在になっている人は、実態は出会い系アプリなどを使うこともあるのでしょうが、そうではない、表面上では問題の無いような夫婦関係でも人によっては禁断の世界から抜け出せずにいる人も多く存在しています。そのために都合の良い環境が整っているので、ある意味では時代的なことが原因となっている可能性も否定できません。

-不倫の問題
-, , ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.