離婚,子供への影響,悪影響を対策

■スポンサーリンク

探偵さがしのタントくん

離婚

離婚した時の子供への影響とは?悪影響を対策しよう!

更新日:

離婚をしたいと思うのは親の勝手、子供への影響を考えた事ありますか?離婚は子供に大きな影響を与えます。子供が小さいときに離婚をすれば、ただ昔の家族写真が少ないという印象で、大人になると当時のことなど子供たちを覚えていないでしょう。
ただ離婚という言葉を知らない子供でも「お父さんとお母さんは別々に住む」と言うことぐらいは理解できますし、悲しいと思いながらも大好きな両親のことを思い悲しいという感情を口に出さないのが子供です。
親の離婚で傷つかない子供はいません。離婚という大きな出来事は、子供の気持ちや人生まで左右させるほど大きい影響を与えます。今回は離婚が子供へ与える影響について共に考えていきましょう。

離婚をした時、子供への影響は?

離婚をした時、子供2つのパターンに分かれます。 「両親が離婚することはもうわかっていた」と言うパターンと、 「信じられない」と驚くパターンがあります。それまで仮面夫婦だった家庭もあればある日突然離婚を切り出す家庭もあります。どちらのパターンも悲しいという感情は同じで、立ち直れるかどうかが変わってきます。

スポンサーリンク



離婚理由ランキング|1位から10位まで

離婚が子供に与える影響が全くないという過程はありえないでしょう。離婚を経験するにあたり子供は必ず傷ついている、その傷ついた子供たちをケアするのは両親の務めです。離婚は子どもに与える影響を小さくするのではなく影響を与えられた子供たちのケアをすることに専念しましょう。
ある程度離婚するとわかっていたと言う子供でも離婚が与える影響の大きさは同じです。 「ママがいれば大丈夫」と優しい言葉をかけてくれるのは子供なりの強がりです。あまり悩んでいても仕方がないことはわかります。でもそれ以上に子供たちを悩んでいます。
離婚を子供へ伝える時の注意点!

<% metaKeywords %>

嘘をついてはいけない

離婚をする際は子供たちに嘘だけはついてはいけない。 「パパは死んだ」など嘘をついてしまうと嘘をついた親のことさえも信用できなくなってしまいます。親のことを信頼できない子供は自分にも自信が持てない子供になってしまいます。

悪口を言ってはいけない

夫婦と言えば元々他人です。ですが子供たちにとっては強くなかった両親であり夫婦が離婚をして赤の他人に戻っても子供にとっては2人ともかけがえのない存在です。子供たちがつながっている人間を悪く言っては、子供たちが思う印象さえも変えてしまいます。決して血のつながっている親のことを悪く言わないようにしましょう。

スポンサーリンク



子供のせいにしない

離婚をするとなれば子供たちはある程度自分のせいではないだろうかと考えます。中には片親に捨てられたと感じる子供もいるでしょう。離婚することになっても決して子供たちのせいではないということ、いつまでも両親であることには変わりがないことをきちんと伝えましょう。

タイミングを考えろ

子供が成人するまで離婚できないという方もいらっしゃいます。それまでに離婚をする方でもある程度子供の年齢や性格で離婚のタイミングを考えましょう。小学1年生ともなれば大まかに離婚と言う意味を理解しています。小学生から中学生に変わるタイミングで離婚を切りだしてしまうと、子供の成長過程において影響はさらに大きいと考えましょう。

離婚後の悪影響を対策しよう!

<% metaKeywords %>

子供には子供の社会があります。離婚は子どもたちの社会へも影響を与えます。離婚家庭の子供や1人親家庭の子供はいじめの対象になる可能性もあります。離婚をして大の大人が落ち込んでいる場合じゃありません。
離婚と同時に、転居や転校の可能性もあるでしょう。家庭環境も生活も一変するような出来事ですから子供の心のケア、影響の対策を1番に考えて行動していくようにしましょう。

■スポンサーリンク

探偵さがしのタントくん

-離婚
-, ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.