夫婦の不倫や浮気、離婚問題を解決するためのサイト

夫婦の不倫や離婚の問題

協議離婚,手順,スムーズ,離婚

離婚

協議離婚の手順とは|スムーズに離婚を進める方法

更新日:

離婚する際に1番損をしない離婚といえば協議離婚です。協議離婚をする上で協議が済んでいれば、何ら問題はなく離婚を進めることができるでしょう。時間や費用が節約できることから最も簡単な離婚方法として挙げられるのが協議離婚です。
離婚をする方の約90%が協議を経て離婚されます。協議の際に決着がつかなければ調停離婚もしくは裁判離婚という方法で長期間をかけて離婚を進めなければいけません。時間もかからず費用もかからないという利点もありますが自ら相手を説得し納得のいく協議を、冷静に行わなければいけない離婚方法です。
スムーズに離婚を進めるためにある程度協議離婚の手順覚えておきましょう。法律上の離婚原因があるときでも、相手が離婚する意思があり慰謝料やその他の取り決めを応じる意思があれば協議離婚ができます。専門家に相談をしないということで、手順は自分で調べておく必要があるのです。

協議離婚の手順を進める前に考えること

<% metaKeywords %>

離婚は急いで行うものではありませんが、そんな時間をかけて行うことでもありません。ある程度の手順と準備が必要ですが、大前提として決めておかなければいけないことがあります。

スポンサーリンク



 

最短スピード離婚|一刻も早く別れる方法

それは、“養育費や財産分与、慰謝料や親権、婚姻費用”など金銭の関わる取り決めについてです。特に離婚後も支払ってもらう費用となればしっかり決めておかなければいけません。衝動的に離婚届を押してしまうと後で生活苦に陥ることになるかもしれないので要注意です。

スムーズに離婚を勧める方法

1)協議を進めて協議離婚書を作成しておく

協議離婚に最も大切な手順は、“協議離婚書の作成”です。この書類がなければいくら協議をしても意味がありません。もし、不倫などの慰謝料や子供の養育費などの取り決めを協議離婚書へ記入する際は、協議離婚書を記入した後に公正証書として公的書類に変えておくと良いでしょう。

2)離婚後の親権や、性・居住地などを決めておく

未成年がいる場合は親権者を決めなければ離婚ができません。子供がどちらの戸籍にも入っていない状態はありえないからです。そして、子供を引き取るにあたって母は婚姻前の苗字に戻るのか?も決めておく必要があります。自分ひとりなら良いかもしれませんが、子供も性が変わる大切なことなので、予め決めておきましょう。

スポンサーリンク



3)手続きに必要な書類を揃え、提出しに行く

書類を提出しに行くときは、「離婚届」も提出するということ。もし協議が済んでいない、「まだ離婚はできない!」という方は勝手に離婚届を提出されないように“離婚届不受理願い”を提出しておく必要もあります。

気持ちだけでは離婚はできない、必ず手順を踏まなければいけない

<% metaKeywords %>

手順を踏んでいればいったん離婚を決意しても離婚届にサインをして提出する前であれば踏みとどまることができます。離婚を考え直すチャンスといっても良いかもしれません。最初から専門家に相談しておけば手順を踏みながらスムーズに離婚ができます。
離婚の手順を踏めば離婚に失敗することはありません。だからこそ専門家へ相談するのはすごく費用がかかるんですね。時間も費用もかけず自分だけで協議離婚がしたいという方は、思考をフル回転させて精神的ダメージを我慢しながらも手順を踏んでつき進まなければいけません。
離婚をするときに協議離婚という方法がいちばん無難で、いちばん手っ取り早い方法だと思います。離婚届は受理された瞬間、その後どんな手続きをしても離婚を覆すことはできませんし協議をした内容も覆すことができません。だからこそ手順を間違えないように。よく話し合ってよく考えよく理解して、協議離婚を進めるようにしてください。

-離婚
-, , ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.