離婚したい,できない,忍耐,崩壊

離婚

離婚したいと思っていてもできない|忍耐と崩壊の先にあるもの

更新日:

よくこう言っている方を見かけます。「子供の手が離れたら離婚できる」結婚生活という幸せな生活をなんだか我慢しているような発言ですが、この言葉は奥が深い。離婚したいけどできないという状況は想像できますか?離婚したければすれば良い、未婚者はそういうかもしれませんね。
子供の為に離婚をしないと割り切って我慢している夫婦はかなりいます。俗にいう仮面夫婦となって、子供が成人するまで離婚はしないという家庭です。なぜそれだけ我慢するのか?我慢して特になることはあるのか?
今回は離婚したいけどできない夫婦の心理について、我慢をして忍耐と家庭崩壊の先にあるものについてお話していきます。

離婚したいけどできない場合

  1. 子供の為に離婚を我慢して、成人したら離婚をしようと思っている
  2. 親の介護などが大変で離婚をすることができない
  3. 不倫ばかりする夫、慰謝料などを支払う能力はないから離婚しない方が得
  4. 正直働きたくない、だからこそ離婚したいと思っても働きたくないから離婚できない

離婚したいけどできない状況は人それぞれ、70%以上の人が“子供のため”と言っていますが、ほぼ自分の為と言っても過言ではない理由が裏に隠されています。結婚をしていると「離婚したい」と思うことなんて沢山ありますよ。

スポンサーリンク



離婚の際に後悔することとは?

それでもなぜ簡単に離婚をしないのか、できないのかと考えた時に思い浮かぶのは、将来への不安や子供の笑顔、結婚生活での幸せなひと時でしょう。

夫婦の忍耐の先にあるもの

<% metaKeywords %>

1)離婚を我慢する必要性

人は我慢をし続けるとどうなるかわかりますか?崩壊するのが家庭だけじゃなく、己の身体や精神さえ崩壊してしまう可能性があります。
我慢=ストレスです。離婚したいと思っていてもできないからと我慢している夫婦はストレスばかり蓄積して良い結果を生み出すことはありません。果たしてそれが「子供の為」と言えるのか?「離婚したほうが子供がかわいそう」なんて言う方が大半でしょうが、それは子供が思っている意見でしょうか?

スポンサーリンク



2)子供の為?自分の為?

子供はとても素直です。幼少の頃は結婚さえも意味がわからない、ましてや離婚なんてなにがなんだかわからない、ただ「お母さんとお父さんのどちらかがいなくなる」という印象しかありません。
子供はとても素直です。何が言いたいかと言えば、「子供は受け入れる心を持っていて何に対しても適応する能力を兼ね備えている」ということ。イマドキ小学生でも離婚の意味を理解しています。
果たして本当に離婚しないのが子供の為なのか?私には言い訳にしか思えないような気がします。

3)“できない”のではなく“する勇気がない”

子供の為、家族の為、お金の為という離婚できない理由は、「離婚する勇気がない」だけのただの言い訳です。母子家庭や父子家庭がどんなものかは経験もありますし、辛さや子供心なりの寂しさも理解しています。それでも“仮面夫婦”が子供にとってどれだけ辛いことかというのは考えたことがありますか?

離婚したいけどできない場合の対処法

<% metaKeywords %>

変な例えかもしれませんが、例えば妊娠中に食事をするとすぐに吐いてしまうほどつわりがひどい時、「吐いてしまうから食べられない」と言って食事を我慢しますか?逆に「赤ちゃんの為だから」と吐いても吐いても食事を摂ろうとするでしょう。
赤ちゃんはお腹の中で理解しています。お母さんは吐いてでも栄養を摂ろうとしてくれている、と。「だから、トラブルもなく生まれてきてくれたんだよ」そう考えると頑張ったかいがあったと幸せな気持ちが強くなりますね。
なぜ離婚できないのでしょう?子供のためですか?お金のためですか?離婚した後の生活が全くシミュレーションできませんか?不安や疑問ばかりでしょうが、離婚した方が得なことって沢山あります。
離婚したいけどできないと思っている方は今一度自分の気持ちを前向きに向き合ってみて下さい。忍耐の先にあるものは家庭崩壊であり、家庭崩壊の先にあるものは“苦”です。子供に苦しい寂し思いをさせたくないと思うのであれば、忍耐と崩壊が潜む将来を選ばないことです。

-離婚
-, ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.