不倫,再婚,幸せ,人生

■スポンサーリンク

探偵さがしのタントくん

不倫の問題

不倫から再婚したら幸せになれるのか?人を不幸にした後自ら掴む人生

更新日:

不倫をして離婚をされた方はその後どういった人生を送っているのでしょう。人から奪った愛を得て幸せになれるのかと考えれば、それも一つの愛の形であって幸せになれると言い切れるのではないでしょうか。
でも結婚している人を別れさせてまで得た結婚ってなんだか後悔や罪悪感ばかり目立つような気がしてなりません。実際に離婚をして再婚をしてみないとわからない話、でも後悔するような人生を送りたくないのであれば、それなりに不倫から再婚をしてどうやって幸せを得ることができるのかを考えておくべきでしょう。

不倫をして再婚した人の特徴とは

<% metaKeywords %>

不倫のタイプは3つ。

  1. たまたま恋をしてしまって後にどんどん本気になり、相手と再婚をしたいがために離婚を考えた
  2. 家族と上手くいっていないからこそ浮気相手を探して相手に離婚を説得され離婚後再婚をした
  3. 不倫がバレてしまい妻の元へ戻りたいと夫が泣きつくも、離婚をされてしまったが浮気相手との再婚は考えられない

どの立場から考えても、不倫からの再婚を考えた時に必ず「不幸になる者」が現われます。離婚は妻と夫が決めること。再婚は夫と浮気相手が決めることであり双方の気持ちや意見が一致しなければ成し得ない行為です。
離婚をするということを甘く見ている方が沢山います。「ある幼稚園では悪さをした子には腕に×を書いていきその日1日の行いがわかるようにしている」という話を聞いたことがあります。この教育は間違っていると思いませんか?
×を腕に書かれてそれを友達や周囲の人間、ましてや親に見られるとなると子供はどう思うでしょう。悪さをしてしまったことへの後悔や迷惑をかけた罪悪感など、子供にとってはメンタルを傷つける行為ではないでしょうか。

スポンサーリンク



離婚をすると「バツ1」なんて言いますが、腕に書かれているわけじゃないものの世間から見ても戸籍から見ても×を書かれているようなもの。離婚をした人には一生バツ印が付きまといます。その×を背負って幸せに生きていく自信はありますか?
バツがついた状態で再婚をするとどうなるでしょう。バツに対する後悔や罪悪感が一生消えないまま再婚生活を続けている人もいますし、バツを忘れて楽しんでいる人だっています。
不倫=離婚だと考える人は多い。バツを自ら書くような行為を行ってまで掴んだ人生を楽しむことはできないのではないでしょうか。

不倫後に再婚して幸せになるために

<% metaKeywords %>

不倫が発覚して我に返り罪悪感と後悔に押しつぶされ人生を楽しめない方は沢山います。再婚をしても楽しかったのは数か月だけ、後々「どうして不倫なんてしてしまったんだ」という後悔しか持てない人は多いんです。

スポンサーリンク



再婚をして幸せになろうと思うなら、一度理解しておかなければいけないことがあります。それは「今得た家庭は人を不幸にしてまで自ら掴んだ生活なのだ」ということ。あくまでもこう思うのは自分を苦しめる為に思うのではありません。前に進む為にもう一度考えてみて下さい。
誰かを犠牲にしてまで得た生活、それは罪悪感に押しつぶされるのではなく幸せを噛みしめて二度と離さぬよう努めていかなければいけないことなのではないでしょうか。一人後悔して再婚生活を楽しめないというだけなら良いかもしれませんが、悔やんでばかりいて再婚生活を台無しにして、また新たに人を不幸にしていくのですか?
悪い所ばかり見ず、良いところだけを見てみて下さい。そして離婚をした前配偶者の幸せを祈ってください。祈りながらあなたも毎日を楽しめる生活を探す為に前に進んでみてください。人を犠牲にした分、それなりの覚悟を背負って前に進まなければいけませんが、ただ後押しをしてくれる存在が少ないだけ。決して前に勧めないわけじゃないんです。

■スポンサーリンク

探偵さがしのタントくん

-不倫の問題
-, ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.