夫婦喧嘩,子供への影響,トラウマ,子供,精神的影響

■スポンサーリンク

探偵さがしのタントくん

夫婦の問題

夫婦喧嘩の子供への影響|トラウマになる子供と精神的影響とは

更新日:

夫婦の喧嘩は時に子どもに大きな影響を与えます。悪影響だと思いながらも、一度目の前で喧嘩をしてしまえばそれが習慣づいてあまり気にしなくなる夫婦が多いようです。しかも子供にまで八つ当たりしてしまう親も少なくはありません。
夫婦間の喧嘩を目の当たりにして影響は精神面から身体面まで計り知れませんが、それをしっかり意識して根本的な夫婦喧嘩の原因から改善していってほしい、そういう願いを込めて、夫婦喧嘩の子供への影響についてご紹介していきます。

夫婦喧嘩における子供への精神的影響

子どもに与える親の都合のストレスって、子供にとっては「親から受ける暴力」以外考えられない行為です。アダルトチルドレンなんて有名になった言葉がありますが、親が思っている以上に両親の影響で子が精神的なトラウマを持つということも少なくはありません。
特に夫婦喧嘩は夫婦だけの問題だと思っている方も多いでしょう。でも子どもへの影響はかなり大きいんです。夫婦喧嘩も子にとっては「精神的虐待」です。子どもは誰から生まれましたか?喧嘩をしているお母さんです。では子は誰の血を引いていますか?夫婦喧嘩をしている夫婦からです。

スポンサーリンク



最も多い夫婦喧嘩の原因とは?つい喧嘩になってしまう出来事とは?

精神的に負の感情を抱きすぎて、破滅的な思考や完璧主義、コミュニケーション障害などを引き起こしやすい行為です。人間社会で生きることが困難になる場合もあるので、できるだけ子どもの前での夫婦喧嘩は避けるべきです。

子供の目の前で夫婦喧嘩をするなんて人間失格

<% metaKeywords %>

子供の目の前で夫婦喧嘩をして、どうしたいのでしょう?「両親が喧嘩をしているのは僕のせいだ」と思わせたいのでしょうか。「喧嘩をしているから私はもうすぐ両親に捨てられるのでは」と不安にさせたいのでしょうか。
子の目の前で喧嘩をしてメリットなんて一切ありません。「親が喧嘩しているなんて一回も見たことない」というような子供のほうが将来良い家庭を築けるに決まっています。
喧嘩はいくら夫婦間の喧嘩だと言っても、子にとってはそれも自分の人生の一部であり、夫婦喧嘩=自分のことだとしか考えることができません。「世の中には大好きな人とも喧嘩をすることだってあるんだ」という理屈が子には通用しないんです。

スポンサーリンク



そんな子どもに喧嘩を見せるなんて、人間失格ではありませんか?親が勝手に作った子を勝手に不安にさせて勝手に罪悪感を感じさせているのですから、自分勝手にもほどがあります。
子どもは「自分の存在価値」を見出してこそ精神的に安定します。両親に愛されていると感じるだけでも子はのびのびと育つことが出来ます。その正反対の子供をあらわしているのがアダルトチルドレンです。両親や子の目の前で喧嘩をするというのは、子を本来のなるであろう大人にさせないために、どんどん子の価値を下げていくのと同じ事なんです。

夫婦喧嘩を見てきた子供はトラウマになる

<% metaKeywords %>

子にとって親は一番身近な教育者であり、恩師です。親の背中を見て育ちますし、親は子供の鏡であるとも言えます。そんな子に喧嘩を見せているということは、子供も将来真似をするということです。
子供の前で夫婦喧嘩をするなということは、決して「他ではしていい」という意味ではありません。子の目の前でポイ捨てをしていない親が、子がいないところでポイ捨てをしていても、その行動における性格や素質は子に連鎖します。
いくら子どもがいない場面だからと言っても夫婦喧嘩をするような両親のもとで育った子は将来同じことをします。喧嘩が悪いと言っているのではありません。「怒鳴り合ってらちのあかない喧嘩」をしている親はダメだと言っているんです。
私はこの言葉がとても好きですが、「同じ穴の貉」です。一同に考えさせられる言葉だなと思っていますが、夫婦喧嘩は子を育てる為に損でしかないということを覚えておいてください。

■スポンサーリンク

探偵さがしのタントくん

-夫婦の問題
-, , ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.