夫婦の不倫や浮気、離婚問題を解決するためのサイト

夫婦の不倫や離婚の問題

離婚届,正しい書き方,サイン

離婚

離婚届の正しい書き方|離婚届にサインすれば良いだけではない!?

更新日:

今や結婚をしても3人に1人は離婚を考えるそうですから、結婚も離婚も身近なものになりました。離婚届など見たことがない人も多いでしょう。でも、結婚している夫婦が喧嘩のたびに離婚届をちらつかせるような身近なものになっているんですよ。
離婚届は出したら終わりだと思っていませんか。また、テキトーに名前や住所だけ書けば良いとは思っていませんか。離婚届にサインをしておいて「夫が離婚をしたら突きつけてやる」なんて光景もありますが、離婚届は書き方もあれば記入することもその時によって違うので、書いておくのは意味がないんです。
離婚届を書くのは本当に離婚が決まって取り決めをしてから!離婚届には正しい書き方や必要な書類があります。意外と知られていない、離婚届の正しい書き方。後悔しない為にちゃんと覚えておきましょう。

離婚届にサインすれば良いだけではない!?

<% metaKeywords %>

離婚届はサインだけすれば良いと思ってはいませんか?入籍届はサインをして提出しておしまい、その日から夫婦となりますよね。「サインしなければ良かった~~!!」なんてことには早々なりませんが、離婚届は準備をしておかないと「サインしなければよかった!」なんて後悔することになるかもしれません。

スポンサーリンク



離婚理由ランキング|1位から10位まで

書き方や提出にもポイントがあるんです。注意して記入すべきことや必要な書類もあります。だからこそ知っておいてほしい、離婚届の書き方についてご紹介したいと思います。

1)事前に取り決めを整理しておくこと

戸籍や親権、子供の名前、年金の分割など離婚届には記入しなければいけないことが沢山ありますが、最も重要なことは「」でしょう。戸籍をどこにおくのか?新しい籍を作るのか、名前は元に戻るのか、そういった取り決めは離婚届を記入する前に整理しておきましょう。

証人が必要な場合も

協議離婚の場合は20歳以上の証人が必要となります。証人の生年月日や本籍などの記入が必要なので、それぞれ証人に必要事項を確認してもらい書き方を考えておいてもらいましょう。夫婦など同じ姓の方に記入してもらうことも可能ですが、その場合は夫婦別の印鑑を使用しなければいけません。

スポンサーリンク



2)記入をミスした時

履歴書や入籍届など大切な書類はすべてそうですが、離婚届は記入をミスした場合、すべて書き直さなければいけません。修正液などで訂正するのではなく二重線で消して正しい記入をして横に訂正印を押すこと。間違いが3つ以上となれば新しく書きなおすことが必要です。
離婚届に関しては書き方のサンプルなども沢山サイトへ掲載されています。参考にしてみましょう。

間違った離婚届の書き方

<% metaKeywords %>

離婚には、協議離婚や調停離婚、裁判離婚などのケースがありますが、ほとんどの方が協議離婚をされます。協議離婚の場合は双方協議した内容に意義のないものとして離婚届ですべてが決まってしまうので正しく記入した離婚届と必要書類の提出を求められます。
協議離婚の場合は別途取り決めをした書類などを作成する人もいますが、結婚前の姓に戻さないなど離婚届を提出した日から期限付きで別途書類が必要な場合もあるので、確認しておきましょう。
また、サインをすれば終わりじゃないと言いましたが、結果的にはサインをして届けてしまえば離婚は成立、その後あがいても後悔しても元には戻りません。なので、離婚届を出す際は十分に注意して、書き方を間違えてはいないか?訂正箇所や必要書類は間違っていないか?など確認を怠らないようにして下さい。
個々のケースによっては提出書類も異なります。離婚届は出す時に相談するものではなく、記入する前にちゃんと相談したり取り決めを交わし、記入するようにしましょう。

-離婚
-, ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.