離婚,辛い,生活費,不安,人生,希望が持てない

■スポンサーリンク

探偵さがしのタントくん

離婚

離婚をして辛い…生活費が不安…これからの人生に希望が持てない方へ

更新日:

離婚をして辛いと、嘆き前に進めない女性は沢山います。「しっかり前を向いて人生を楽しめ」なんて一言でくくっても、実行できる人は少ない。ではそういった人たちには何が足りないのか?どうするべきなのか?
急に配偶者との別れが決まったらどんな不安がありますか?私なら生活費のことや子供を育てていくことに対して不安を抱きます。「これからどうしよう」と特に生活費のことに関して、路頭に迷った子犬のような存在だと感じ悲観するでしょう。
そこで、離婚をしても辛いと感じない方法から、離婚後の生活費の不安に対してのちょっとしたアドバイスをさせて頂きます。

離婚をして辛いこととは

<% metaKeywords %>

離婚をすると今までの思い出すべてが頭の中で“辛い”と分類されます。例えば、出会いから別れまで、初めてのデートや子供が生まれた時の喜び、結婚届を出した瞬間など何気ない思い出から自分の人生をも変えた思い出まで、思い出しては辛くなります。
だってそうでしょう?紙切れ1枚で終わることかもしれませんけど、今まで築き上げてきた生活や思い出もすべて音を立てて崩れ去るかのごとくはかなく散ってしまうようなことですから。
そういった「辛い」という感情と向き合って前に進もうとしない限り、一生思い出しては辛いと叫び、死ぬまで付きまとう“後悔”に変わります。不倫をされて離婚をして「せいせいした」と思っても過去を振り返って辛いと感じることはあるでしょう。

スポンサーリンク



離婚の際に後悔することとは?

「辛いと、心を塞いで前に進むことができない」そうならない為には「自分と向き合って気持ちに素直になること」が大切です。
スポーツの練習に例えるとかなり解り易いと思います。例えば野球選手になりたくて一生懸命練習をしていても、監督に怒られる・上手くならないという自分がいやになって、今までの練習や楽しい思い出さえも辛いと思いふさぎ込んでしまう人も少なくはありません。
“行動”しなければ何も始まらない。“考え”なければ何も変わらない。“取り入れ”なければ何も進まない。過去に対して辛いと感じている自分に向き合って、考え、取り入れながら行動していくと、離婚をしても前を向いて明るく幸せに過ごせるんだと思います。

離婚後の生活費について

<% metaKeywords %>

離婚をして辛いと感じない生活を手に入れるには、今後の人生設計を考えなければいけません。「これから自分はどうするべきなのか?」「しなければいけないことは?」まず第一に考えなければいけない事が“生活費”です。
離婚届を出さなければ“婚姻費用”と言って、たとえ別居している夫でも離婚をしない限り生活費を貰うことが出来ます。日用品から衣食住、交際費や養育費までひっくるめで今まで通りの生活が送れるよう、婚姻費用として受け取ることが出来るんです。
成立すればそういったお金は一切もらえませんし、養育費や慰謝料など請求しない限り自分で生活費をなんとかするしかありません。

スポンサーリンク



私の友人に、免許もない働いたこともない専業主婦で離婚をした方がいます。2人の子供がいて1人は知的障がいを抱えている。不倫をした夫は「障がいのない娘が欲しい」と調停を申し立てました。
人徳非道な行いですよね。障がいのない子供だけの親権を取ろうとするなど。しかも夫は有責者側であり、そのような申し立てが通るわけがありません。その方は専業主婦ながら子供2人の親権を取り、生活費を稼ぐため急いで働き先を見つけて、猛勉強の末飛び込みで大型免許を取りました。
大型車の運転手として正社員で働くと生活費は十分に稼げると言っていました。離婚をして、しかも不倫をされたのに対してなぜ「辛い」と塞ぎこまなかったのか?彼女にあったのは「考える力」と「行動力」です。
今では離婚相談として色んな人が今後についてのアドバイスやサポートをしてくれます。そういった方たちの助言を取り入れて柔軟に考え、対応する力があるからこそ、生活費に困ることもなく、急な離婚でも辛いと感じることなく、幸せな生活を築けたと言っています。
急に路頭に迷うことになったらあなたはどうしますか?離婚は“終わり”ではありません。これからもっと楽しい思い出を作る為のスタートにすぎない、私はそう思っています。

■スポンサーリンク

探偵さがしのタントくん

-離婚
-, , ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.