夫婦の不倫や浮気、離婚問題を解決するためのサイト

夫婦の不倫や離婚の問題

離婚,子供がいる,できること

離婚

子供がいる場合の離婚…!離婚に対して子供の為にできること

更新日:

離婚をしたいと思っていても子供がいれば話は変わります。子供がいると養育費や今後についての取り決めが更にややこしいものになります。面会や離婚後の子供への援助など、双親の勝手ではなく、離婚は子供をも巻き込む人生において必要のない行為なのです。
今回は離婚に対して、子供の目線から考えてほしいと思い離婚と子供についてお話していきます。子供は親の血を引き継ぐ。離婚原因となった出来事は子も経験するかもしれないのです。
離婚を急ぐ前に子供のことを考えてほしい、子供を一番に考えて離婚を協議してほしい、現代では先走る親たちが多いので、子目線での離婚を考えてみましょう。

子供がいる場合の離婚…

<% metaKeywords %>

「子供が成人してから」なんて離婚間近の家庭がよく口にする言葉ですが、子供が成人したら何をしても良いということなのでしょうか?子供が大きくなれば離婚も許されるのでしょうか?
子供が未成年なうちは親には扶養義務というものがあり、養うことが前提として法律で定められています。その為に親権というものがあり、子供の代わりに法律行為をすることだってあるんです。
ただ、子の親権は年齢によって定められていることが多く、10歳までは母親、15歳まではこの発達度合いにより考慮、15歳以上は子供の意志を尊重するとされています。父でも母でも親権者となる場合があるということです。

スポンサーリンク



離婚した時の子供への影響とは?

では親権者が母だという場合、父親にはなんの親権行為を働くことができないのかというと、お金が関係してくる話になってきます。養育費というものがあり、離婚の際に子供の年齢などを考慮し支払わなければいけない費用ですが、親権者でない親も子を養育する義務はあり、離婚をしても支払っていかなければいけないお金です。
お金が関わってくるとややこしいお話、だからこそ「子供が成人してから離婚をしよう」と考える人が多く、世の中には離婚をしたくても我慢をしている人たちが多いんです。
有名な日本アーティストの歌にこんな歌詞があります。「私の命は二人の愛の証、そこには一つだって嘘はないでしょう。そうだと言ってよ二人に愛はもうないというなら、私の命はすべて嘘に変わり・・・時に嘘をつかせないで」
実際そうですよね。もう愛していない、離婚をするんだと両親が言った瞬間、子供の存在価値を否定しているようなもの。愛し合って生まれた子供たちを親の都合で嘘の愛の存在にして悲しいと思わないのでしょうか。
親も一人の人間であり、永遠に配偶者のみに恋をするという方は一握りだけ。子供が居るからと言っても愛していなければ「愛している」というほうが嘘になってしまいますが、子供が小さいうちにそのウソを現実行為として働き子供の存在価値を下げてしまうのはよくないのではないでしょうか。

離婚をするにあたって子供に思うこと

  1. 将来子供が金銭苦に陥らない為に養育費や慰謝料などの金銭のやり取りを決める
  2. 将来離れ離れになっても監護者ではない親と子供が会うかどうかの決まりを作る
  3. 子供が義務教育や子の意志を尊重した学習ができるよう社会性を考慮しサポートしていく

離婚するにあたって、子供に対して必要な手続きや協議などがあります。特にお金に関することや親権・監護者の取決め。将来子供と接近しても良いのかどうかという子に対する大切な取り決めは沢山あります。

スポンサーリンク



子供に思うことと言えば、離婚をして片親になっても立派に育って欲しい。生活苦に陥らないように守らなければいけない。片親が会いたいと思えばいくらDVをするような親でも会わせなければいけない。そんなことを思うでしょう。
それでも離婚をするにあたって子供に思うことは、「寂しくないように、子供の意志を尊重し成長させてあげたい」ということでしょう。親が離れ離れになるなんて親の勝手。子供は親を選ぶことができませんからね。
親を選べない子供に対して勝手な行動をする親が多すぎるような気がします。やれ結婚だやれ離婚だと言って「子供は将来きっとわかってくれるから」なんて甘い考えは通用しません。子供がなぜ親の離婚を理解しなければいけないのでしょう。
離婚は決して子供のせいじゃない。ましてや子供がいるから離婚なんて考えるべきじゃない、私はそう思います。

離婚前に子供の為にできること

<% metaKeywords %>

離婚届にハンコを押した時点で関係は終了、否応なしに両親は決別します。子供は離れ離れになると「もう親とは会えなくなるのではないか」「僕(私)が支えなければいけない」「ママだけでも大丈夫だけどやっぱりパパが恋しい」そう思っているんです。
その不安を取り除くのは誰の役目なのでしょうか。離婚をする両親の務めなのではないでしょうか。面会や養育費などの取り決めは離婚前に大前提ですが、子供の気持ちが固まらないうちに離婚を早まるのはどうかと思います。
子供の精神状態を一番に考慮すべきである。離婚前に子供の為にできることは、不安を取り除いて子供が理解し一人で考えることができるようになるまで離婚届けを出すべきじゃないということです。

-離婚
-, ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.