セックスレス,解消,夫婦仲,改善

■スポンサーリンク

探偵さがしのタントくん

夫婦の問題

離婚予備軍!?セックスレスを解消することで夫婦仲を改善する!

更新日:

まさに一緒に歳を重ねていくという言葉がしっくりとくるように夫婦生活は長いものであるため、スキンシップを取る機会が失われてしまうと心理的な距離感まで遠ざかってしまいます。セックスレスが原因で離婚に至るというケースも増えてきていますので、まずは夫婦二人がセックスレスを解消することに努めてみてはいかがでしょうか。

セックスレスの定義とは?

各々のカップルにより行為を行う頻度に大きな差異があるとは言っても、実は専門機関による定義があります。
それは心身において特別な事情が無いのにも関わらず、2人が合意したスキンシップが1ヶ月以上無い上に、今後も長期的に継続していく事が予想される事です。
1ヶ月間以上夫婦関係を持っていないという事例は決して稀有ではなく、友人知人などとの会話で耳にするという方も少なくないので、かなりの大多数が日本のセックスレスの現状の渦中にあるとして当てはまります。

日本のセックスレスの現状は?

 

日本は41か国中、最下位という結果

そうした日本のセックスレスの現状を明瞭にすべく行われた調査もあり、対象になったのは世界の41カ国なのですが日本は最下位の41位になっています。
具体的な回数としては1位のギリシャが1年間に138回行っているのに対し、日本は同じ1年間という期間で45回しか行っていません。
元来シャイな性格というのもあり、専門家達も比較的下位にランクインするとは予想していましたが、最下位という結果には想像以上で驚愕し、早急に対策を講じる決断を下します。

ある調査では半数がセックスレス?

追い打ちをかけるように国内の大手出版社が発行している週刊誌が独自に調査に行った調査にて10年前と比べると1割を超える割合で増加傾向にあり、恋人関係も含めた全てのカップルを対象にすると44.6%にのぼるという数値がはじき出されました。
つまりおよそ半分のカップルや夫婦がセックスレスに陥っている計算になり、営みについては親しい間柄でも相談し難いという特性も関係し人知れず悩んでいたり、悪循環に陥るため増加の一途を辿っています。

スポンサーリンク




セックスレスになる原因は?

 

気になるのはセックスレスの原因とは?という根本的な点ですが、解消が一筋縄ではいかないように原因も個々に分かれており、意外と多いのが夫や彼氏といった男性側がパートナーの誘いを断ってしまう事です。
お付き合いしている頃や新婚当時は積極的に求めてきたのに、途端に求めてこなくなった上に誘いを断られてしまうのは女性にとってショックが大きいです。
女性として見てもらえなくなってしまったのかもしれないという事や飽きられたり、不満を持っているのかというように堂々巡りをしてしまう起因になりますし、尋ねる事もできないので悪循環に陥りやすいきっかけです。
もちろん女性側が拒否する場合もあるのですが、女性の場合は男性に比べると割と理由がはっきりしているケースが多く、魅力を感じなくなったり他の異性が気になるといったように心が離れている事例が多いです。
心理面と営みについては密接な関係性を持っているので、スキンシップを取ろうとした時に拒否されてしまった場合は、自身の行いなど思い当たる節がないか考えてみましょう。

セックスレスと浮気の関係性について

セックスレスになると夫婦関係が円滑にならなくなり、気まずい雰囲気の中で生活しなければならない上に、セックスレスと浮気の関係性が密接である事も理解しておいてください。
本能的に求める行為なので相手で満たす事ができない場合、他の異性が魅力を感じて求めるようになるのは自然の摂理です。
セックスレスと浮気の関係性によって三角関係になった方々の言い分で多いのは、相手に認めてもらう事ができないため、関係はそのままの状態でキープしつつ別の所で認めてもらえる方を探し、自尊心を維持したいと考えるようになったというものです。
最悪の事態になれば離婚の直接的な要因に繋がりますし、言い争いなどではなくコミュニケーションすら取らずにお互いに疑心暗鬼な気持ちを抱き、関係が冷え切った上に精神的な病気に見舞われるリスクもあるので少しでも兆候が感じ始めたら、悪化する前に解消法を試すようにしましょう。

セックスレスの解消方法とは?

 

旦那のセックスへのプレッシャーを軽くしてあげること

仕事に疲れた旦那に対して、セックスへのプレッシャーや負担を軽減してあげることが解消に繋がったという事例です。セックスレスになっていたのにすっかり良好な関係性を取り戻したAさん夫婦が実行したのは、奥さんの方が旦那に対して、前戯は行わなくて良いと伝えた一言です。
それまでは数年間にわたり行っておらず、まさしく日本のセックスレスの現状を象徴するような間柄でしたが、簡単な一言により以前のようにスキンシップができる関係に戻れたといいます。
一般的に前戯を行うために費やす時間は平均すると30分から1時間程ですが、長い人生を歩んでいく中で毎回長い時間を費やすのは負担ですし、忙しい生活をしていると時間が確保できずいつまでも解消できません。

スポンサーリンク




旅行で二人きりの時間をつくる

また子供が生まれてからは子供中心の生活になり、夫婦でゆっくりで話をする時間がなくなり、セックスをするタイミングも見つけられなくなったという話もよく耳にします。子供が起きている時間にさすがにすることはできませんし、ベット一つに川の字で寝ているとなかなかそういう雰囲気にもなりませんよね。
そういう場合には、意識的にでも、定期的に泊りがけの旅行に行くことをお勧めします。日常生活の中では、そういう雰囲気が作れなくても、旅行先では開放感やいつもと違う雰囲気がありますので、夫婦の時間を取り戻す絶好の機会となります。子供は隣のベッドで早めに寝かしつけ、もう一つのベッドで夫婦の時間を楽しむ、旅行は夫婦仲を解消するのに最適です。

■スポンサーリンク

探偵さがしのタントくん

-夫婦の問題
-, , , , , ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.