夫婦の不倫や浮気、離婚問題を解決するためのサイト

夫婦の不倫や離婚の問題

配偶者,不倫相手,請求,慰謝料,相場

不倫の問題

不倫をした配偶者、不倫相手に請求できる慰謝料の相場は?

更新日:

配偶者が浮気をしていることが分かり、離婚することになった場合は、浮気をした配偶者やその相手に対して慰謝料請求をすることができます。浮気をされたことで心に深いダメージを負ったり、これから先の生活を考えると少しでも高額な慰謝料が必要です。慰謝料の相場がどの程度なのかご紹介します。

実は、慰謝料には明確な基準はありません。

不倫をされたのだから、否応なしに高額な慰謝料が受け取れると考えてしまう人もいますが、金額には一定の基準がなく、離婚裁判の場合、その時の状況により裁判官が判断していきます。
慰謝料の金額に基準がないのは、不倫をされたことによる精神的な苦痛は、一定の基準を定めて金額を算出することができないという理由からです。精神的な苦痛やその時の状況、これからの生活など様々な事情を考慮した上で裁判官が慰謝料の算出をしていきます。
不倫をしなければ今の生活が続いていたはずなので、浮気をされ苦しむことになったなどのダメージが大きくなるほど増額されていくのが慰謝料の特徴です。
しかし、慰謝料を増額させるためには、状況を説明できる証拠などが必要になってきます。不倫が原因で離婚することになった場合、慰謝料請求できる場合は次のような時です。

スポンサーリンク



慰謝料請求できる場合

配偶者や不倫相手の浮気に故意や過失などがあり、浮気によって権利が阻害されてしまった場合に請求することができます。
例えば、相手が既に結婚していることを知っているのに肉体関係を結んでしまった場合は、故意に浮気をしていたことになるので慰謝料請求が可能です。浮気相手が結婚しているのを気が付くことができる状況なのに、よく考えずに不倫をしてしまった場合も同様に請求することができます。
さらに結婚していることを知っていたが、結婚生活が破綻していると勝手に考え、注意を払わずに肉体関係を結んだ場合も、過失が認められ慰謝料を請求することが可能です。

相手の権利を侵害するとは?

今までは幸せな生活が続いていたのに、浮気や不倫などが原因になって、夫婦が不仲になり離婚した場合は、権利を侵害したことが認められます。相手と肉体関係などを結んではいなかったが、配偶者が疑うほどの仲になっていた場合も同様です。しかし、夫婦関係がなく既に別居などをしている場合は、夫婦関係が破綻していたと判断され認められない可能性がでてきます。
次のような場合は慰謝料請求できない場合があります。

スポンサーリンク



慰謝料請求できない場合

一般的事例

例えば、出会い系サイトなどの不特定多数が知り合えるようなサイトを利用したり、ハプニングバーなどで、相手のことを全く知らないで肉体関係を結んでしまった場合は、請求することができません。
そして自分の意志ではなく、脅迫などで肉体関係を持ってしまった場合も、過失や故意などと認めることができないので請求できない可能性が高いです。

浮気と認められることでも慰謝料請求できない場合がある

浮気などが原因で離婚してしまったのに、慰謝料請求できないのは次のような場合です。

1)浮気や不倫が原因で精神的なダメージを負ったとしても、ダメージを補うのに十分と考えられる慰謝料を既に受け取っている場合は慰謝料請求をすることができません。
充分な金額を相手から受け取っている場合は、損害賠償が済んでいると判断されてしまうためです。

2)浮気をした時期から長い期間が経過してしまった場合も、不貞行為などの時効が成立していると判断され請求することが不可能になってしまいます。犯罪などにはそれぞれ時効があり、一定の期間が過ぎてしまうと罪に問われることがなくなります。浮気や不倫なども同様に時効があり、浮気などの事実を知ってから3年間を過ぎてしまうと時効が成立してしまいます。浮気などの事実などを知ったらすぐに請求などをしないと、時効が成立してしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク



慰謝料の相場はどれくらい?

前述の通り、慰謝料の相場には一定の基準はありませんが、浮気などが原因で離婚した場合の慰謝料の相場は次のようになっています。通常のケースであれば、離婚をせず元サヤに戻った場合は、浮気相手のみ、浮気により別居や離婚になってしまった場合は、浮気をした配偶者、浮気相手双方に対して、慰謝料請求することになりますが、片方から取る場合の慰謝料です。双方に慰謝料請求した場合は倍近くになる可能性はあります。

浮気はしたが、離婚をしないで同居したまま夫婦でいる場合

離婚をする時と比べて慰謝料の金額は下がってしまいます。離婚した時と比べると半分程度の金額になり、約50万円から100万円程度が相場です。裁判官からは、夫婦関係はそのままなのでダメージが少ないと判断され金額が下げられてしまいます。

離婚はしないが別居をすることになった場合

慰謝料の金額が上がり約100万円から200万円程度が相場です。浮気によるダメージが大きいと判断されるため金額が高くなります。

浮気や不倫関係が原因で夫婦関係が破綻し離婚した場合

約200万円から300万円程度が相場です。浮気などがなければ離婚することはなかったと判断され、ダメージが大きくなるので金額も高くなります。

その他変動要因

・結婚した期間によっても変動します。
婚姻期間によっても、慰謝料の相場は変わってきます。結婚生活が長い場合は影響が大きいと考えられ高額になり、期間が短くなると慰謝料が低くなることが多いのが特徴です。
・浮気をした期間が長かったり何度も繰り返した場合も、慰謝料の相場は高くなります。
・夫婦間に子どもがいる場合も同様です。

最後に

これらの慰謝料の相場は、裁判によって判断された場合の金額です。
日本の場合には裁判まで行かずして、協議離婚の形で離婚するのがほとんどですので、あまり参考にならないかもしれませんが、一つの目安にはなるのではないかと思います。
裁判をしない場合は、財産分与の金額を5:5にせずに慰謝料分も含めて分与をすることも有りますし、片方がどうしても離婚をしたい場合などは相手の言い値の慰謝料を飲んで、相場を大きく超える慰謝料となることもあります。またW不倫の場合などはより複雑化し、慰謝料請求合戦になるなんてことも有り得ます。
慰謝料請求となる場合は、有利に交渉を進めるために弁護士などの専門家に相談するとよいでしょう。

-不倫の問題
-, , , ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.