探偵,調査内容,種類,依頼

探偵

探偵社にはどんな調査を依頼できる?探偵の調査内容をご説明します

更新日:

皆さんもドラマなどで探偵が謎解きをしたり、事件を解決したりするシーンを見たことがあると思います。ところが、いざ探偵に調査をお願いしたいという状況になった場合、何をどうお願いしていいのか分からない人も多いのではないでしょうか。そんな方のために、ここでは探偵にどんな調査を依頼できるのかをご紹介致します。

探偵に依頼できる調査内容

探偵に依頼できる仕事には主に以下のようなものがあります。

1)行方調査

いわゆる「人探し」です。テレビ番組でも取り上げられることが多く、探偵の仕事と聞いてこの仕事を思い浮かべる人も少なくないと思います。
家出人や失踪人をはじめとして、離ればなれになってしまった家族や連絡のつかなくなった知人などを探すことができます。
言うまでもないことですが、探偵は犯罪行為を助長するような場合は調査を行うことができません。ですから、この調査結果からストーカー行為などにつながることはありません。

2)浮気調査

こちらもかなりメジャーな仕事内容です。その名の通り、浮気の証拠を掴むための調査になります。
関係を修復したい、慰謝料を多く取って有利に離婚したい…など、調査を依頼する動機はさまざまです。

スポンサーリンク



3)行動調査

この調査の目的は「相手の行動を監視・把握すること」です。そのため、前述の浮気調査は行動調査の一部でもあります。
具体的には、「社員として雇用する予定の人物の素行を知りたい」、「前科があるかどうか知りたい」などといった依頼があります。

4)企業信用調査

この調査についてはなかなかイメージしにくいと思います。この調査は一般人には馴染みがなく、企業向けだからです。
具体的には、企業が多方面から取引相手先企業の現状内容を調べ、それによって相手先企業の信用状態を判定することです。これから取引しようとしている企業が本当に信用出来るのか?倒産するリスクはないのか?反社会的勢力ではないか?など知っておかなければ安心して取引することもできないからです。
専門性が求められる調査であり、帝国データバンクなどの大手企業もありますので、探偵社としてはそれほどシェアが高い業務ではありません。。
ちなみに、調査をする上で対象となる事柄はたくさんあり、経営者や社員・従業員だけでなく、店舗の立地条件や販売している商品のニーズなども詳しく調査されます。

5)盗聴発見調査

最近では盗聴器や隠しカメラなどの性能が飛躍的に上がっており、それに伴って盗聴・盗撮の被害が増加しています。
盗聴器や隠しカメラは電源タップや換気扇など思わぬところに隠されており、見つけるのが困難です。探偵は最新の機材を用いて調査できるため、需要が増えてきているようです。
盗聴・盗撮の疑いがあるときにはすぐに連絡した方が良いでしょう。

スポンサーリンク



探偵による調査の価格相場

探偵による調査の価格は内容・期間(日数)・事務所・調査員の人数によってまちまちです。
以下が調査別の価格相場の一例です。

  • 行方調査(1回あたり)→50~80万円
  • 浮気調査(1回あたり)→10~100万円
  • 行動調査(1回あたり)→30~40万円
  • 企業信用調査(1回あたり)→10万円
  • 盗聴発見調査(1回あたり)→5~20万円

スポンサーリンク



調査のために協力できること

前述の価格相場を見ると、なかなか頼みにくいと思われる方も多いのではないでしょうか。ですが、調査のために必要な情報を事前に共有することで価格を抑えられることがあります。
例えば行動調査の場合は、情報が多ければ調査日の絞り込みや調査場所の把握などができ、結果として費用の削減につながるのです。
その他の調査でも、情報を少しでも多く提供していただくことで費用の削減が可能になります。

-探偵
-, , , , , , ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.