探偵,調査費用,安く抑える方法

■スポンサーリンク

探偵さがしのタントくん

探偵

探偵の浮気調査費用を劇的に減らす方法とは?

更新日:

探偵に浮気調査を依頼すると、それなりにまとまった金額が必要になりますが、依頼者側で準備をして手がかりになる情報を提供したり、依頼の目的を明確にしておくことで、調査費用を劇的に抑えることも可能です。今回は費用を安く抑えるための基本的な方法をご紹介いたします。

探偵の浮気調査は安いものではありません。

配偶者や恋人が浮気をしている可能性があると知った場合、民事的な問題となるため警察に捜査を依頼することはできません。自分で調査をすることも可能ですが、時間が無かったり調査のノウハウが難しいと感じた場合は、探偵事務所への依頼も選択肢の一つとなります。
浮気調査では裁判になった際の法的効力を持つ物証が必要となるため、事務所にもよりますが調査費用は25万円から40万円程度が相場になります。当初の見積以上に経費が掛かれば、上乗せされることもあるため、経済状態によっては気軽に依頼できないことも少なくありません。

調査費用の相場について詳しくはこちらの記事をご確認ください。
探偵の浮気調査費用の相場ってどれくらいなの?

スポンサーリンク



探偵の浮気調査費用を安く抑える方法

上記の通り、費用面から気軽には依頼しづらい探偵調査ですが、様々な手法を用いることで調査費用を削減することが可能です。

1)相見積での金額の比較をする

相見積とは、複数の探偵事務所に同じ条件で見積もりを依頼し比較する方法です。費用の提示額が安いほど良いというわけではありませんが、一般的な相場を知ることができるというメリットがあります。仮に信頼できる事務所だったとしても、1社だけの見積もりでは高いか安いかの判断が難しくなりますし、相場を知れば再び依頼する際の参考にもなります。
全ての見積もりを受け取った後は、各社の提示額と条件から精査し候補を数社に絞り込みます。最後は交渉次第となりますが、他社の条件をハッキリと提示するのではなく、多少ちらつかせながら値段や条件を交渉することで、費用を削減するのがポイントです。

2)短期間で終わらせる為に、確かな情報を提供する

調査内容によっても費用が大きく異なるため、条件はしっかりと確認する必要があります。条件には調査にかける日数や人員のほか、GPSやカメラ等の機材使用の有無、移動手段など様々です。
特に日数や人員は費用に占める割合が大きいことから、出来る限り短期間で終わらせることが理想です。そのためには浮気をすると考えられる日だけでなく、行き先をある程度予測する必要があります。外出時に尾行するという昔ながらの方法がありますが、ただ闇雲に行動を追っても浮気をするとは限りませんし、単に仕事のための外出である可能性もあります。仮に見失った場合は無駄足となってしまいます。

スポンサーリンク



3)GPSを使って、行動パターンを把握する

このため事前に行動パターンを抑えておく必要があり、近年はGPSが利用されます。GPSのログを参照すると、尾行することなくその日どのような場所に立ち寄ったかをひと目で判別することができますから、効率的な調査が可能です。GPSによる調査も含めて依頼することもできますが、そのぶん経費は上乗せされてしまいますから、費用を抑えたいケースでは得策とは言えません。

ロガー付きGPSの場合

ロガー付きGPSは、GPS本体にログを記録する記録機能のみで、後々、記録されたログを確認して、どんな行動をしていたのかを深く確認するのに適しています。小さくて、非常に低価格でSIMカードが入っていないので、取り付けた犯人の特定が難しいです。ただリアルタイムで行動を把握することはできません。探偵費用を安く抑えるという観点であれば、ご自身で購入・取り付けをして、ログ情報を探偵に提供するという方法が一番効果的です。

リアルタイムGPS(検索型)の場合

ターゲットの位置情報がリアルタイムで確認をすることができるGPS発信機で、スマホなどで簡単に確認することができます。難点は検索をした時にしか記録が残らないことと、検索をした時の位置情報しかわからないので、点と点をつないでいって、行動を予測するといった手間がかかります。自分でどうしても位置情報をリアルタイムで確認をしたいという方にはオススメできますが、探偵への情報提供という点では、このタイプでは行動の全てを把握するのは難しい為、あまりオススメ致しません。

リアルタイムGPS(自動追跡型)の場合

検索型の場合は、自分で検索をした時だけ記録される為、常にスマホやパソコンとにらめっこしていないといけない、忙しく検索ができない時には記録されないというネガがありましたが、自動追跡型は、5分間隔、10分間隔など検索をする間隔指定でき、自動で履歴を残してくれるので、証拠を押さえる手間が軽減されます。もちろん手動で検索をすることも可能です。
こちらのタイプは現時点では市場には出回っていないため、レンタルという選択肢にはなってしまいます。2週間で3万円ぐらいが相場のようです。探偵への情報提供をしつつ、自分でも相手の行動をしっかりとリアルタイムで確認をしたい方にオススメです。

GPSを使う場合の注意点

ただいずれの場合にも、GPS情報だけでは、裁判まで見据えた時には浮気の証拠にはなりませんので、GPSは探偵へターゲットの行動パターンを伝え、費用を安くするという目的で使用されることをオススメします。

GPSの情報をもとに、浮気をしてたでしょと配偶者を問い詰めるのは絶対にやめましょう!

仮にホテルの位置情報の場所に行っていた記録があったとしても、例えば風俗に行っていたや、ホテルの前を通っただけと言い逃れをされてしまう可能性が高く、しかも浮気に気づいていることが相手にバレると、その後、探偵に依頼をしたとしても、尻尾をつかみづらくなり、逆に調査費用が大幅に増えてしまうということになりがちだからです。

スポンサーリンク



4)怪しいと思われる相手の情報を提供する

手がかりがあれば調査日数は短くなるため、可能であれば自分で収集したメールや画像などの証拠をまとめておき、依頼の際に提出します。メールやLINEなどの文面には、多くの手がかりやヒントが隠されていることがあるため、行動範囲を絞り込むための助けとなります。画像も同様で、相手方の顔がわかれば調査はよりスムーズに進みますから、費用を抑えることにも繋がります。

5)調査の目的を明確にする

調査の目的を明確にし、何を最終成果として提出してもらうのかを決めておくことが重要です。例えば夫婦の場合、離婚を考えて裁判も視野に入れるなど、その先のことも大きく影響します。懲らしめる程度であれば相手が動揺する証拠を押さえるだけで事足りますが、裁判となると法的な効力を持つ物証が必要とされるため、調査費用も高くなります。離婚や裁判を意識していない場合は、あらかじめ見積もりの際に申し出ることで、それに見合った調査費用が提示されますから、予想外に高額な金額を提示されることは少なくなります。

6)1日単位での契約にする

調査に時間がかからないと判断した場合は、1日単位で契約する方法もあります。状況がハッキリしていない状態での調査は、日数を決めることができないため費用も高くなりがちですが、既に裏が取れているなど証拠を掴むだけの状態であれば、日数を限定して依頼することで費用を安く済ませることができます。予定していた調査日数で足りない時の場合を考慮し、延長した際の料金も確認しておきます。

■スポンサーリンク

探偵さがしのタントくん

-探偵
-, ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.