W不倫成就

不倫の問題

W不倫を本気で成就させたいあなたへのアドバイス

更新日:

W不倫って色々なリスクがありますが、このページを読んでいるあなたは本気でW不倫を成就させたいとお考えのことと思います。今回は「W不倫を成就させることができるのか」をテーマにお伝えいたします。

W不倫の成就とは?

W不倫とは男性側、女性側双方ともに配偶者が居る、すなわち既婚者同士が不貞行為を行うことだと定義できます。双方ともに既婚者ということなので、非常にリスクのある交際をしていると言えます。W不倫のきっかけは双方ともに既婚者だから逆に気軽に割り切った交際ができるとお考えの方もいるかと思います。でもいざスタートしてみると、自分の奥さんや旦那さんといるときよりも楽しかったり、愛されていることを感じたりすることによって、不倫相手にハマっていってしまうのだと多います。

あなたが考えているW不倫の成就とは何ですか?

それは、「不倫相手と一緒になる」=「再婚」ではないでしょうか?
ただW不倫の場合は、再婚と言っても、超えなければならないハードルが多いですよね。
まずは自分が離婚をする、そして相手も離婚をする、そしてようやく双方がフリーになったところで初めて再婚をすることができるのです。
離婚を経験した方にしか分からないかもしれませんが、離婚には正当な理由がなければできません。また当然のことながら夫婦双方で離婚に同意できなければ、離婚をしたくても離婚ができません。あなたに子供がいる場合には親権の問題など、より複雑化します。
つまりは片方の離婚だけでも相当な負荷がかかる話であり、それを相手側も同時並行で同じように話を進めていかないと自分が離婚できたけど、相手方がいつまでたっても離婚出来ないという事態もありますし、また逆も然りです。
W不倫の成就をお考えの方には、片方が独身の場合の不倫の場合と比では無いぐらいに大変だということをまずはご認識いただければと思います。。

スポンサーリンク



W不倫のリスク

W不倫リスク
前項におきまして、W不倫の成就は相当ハードルが高いものであることをお伝え致しましたが、もう一点ケアすべきことがあります。
それは『不倫がバレる』=『慰謝料請求の危険』と隣り合わせにあるということです。
普通に不倫相手と密会をして、情事を重ねるぐらいであれば、現在の配偶者にバレずに過ごせるかもしれません。でもW不倫を成就するためには、離婚をしなければなりません。そして配偶者に離婚の話を持ち出した際、その場で同意なんてことは普通に考えてあり得ませんので、相手方はよっぽど自分に非がある場合を除いてほとんどの場合であなたの不倫を疑います。そして過去のあなたの言動を振り返り、あの時そう言えば・・・と考え、一気に疑いモードに突入します。
そうなると普段の密会さえ、危険度が一気に増します。相手はあなたの不倫の事実を確かめようとあらゆる手段をとってくる可能性が高いです。会社帰りのあなたの行動を尾行するかもしれませんし、知り合いの力を借りたり、探偵に依頼をするかもしれません。正直、探偵を使われてしまった場合には、よっぽど注意をしていても、もしどこかで密会をしていた場合にはほぼ100%バレてしまうとお考えください。探偵は甘くみると、痛い目を見ます。不倫の証拠を押さえられたくないのであれば、不倫相手とは相当期間会わないという選択肢が必要になります。
もし不倫がバレてしまったら、W不倫の成就はほぼ難しくなるだけではなく、慰謝料請求をされてしまうという危険が伴います。具体的には、自分の配偶者があなたとあなたの交際相手との不倫の事実を掴んだ場合、まずはあなたにではなく、不倫相手に対して慰謝料請求を出すケースがほとんどだと思います。
不倫は、法律上では、不倫をした配偶者とその不倫相手の両者による、不倫をされた側に対する共同不法行為になる為、不倫をされた側は双方に対して慰謝料請求することができるのです。
そしてあなたの配偶者があなたとの離婚を考えていない場合、まずはあなたの不倫相手に慰謝料を請求し、プレッシャーを掛け、別れさせるという対策に出てくることが考えられます。しかも普通の不倫をは異なり、相手にも配偶者が居るわけですので、おそらく同時に不倫相手の配偶者にも通知をするというプレッシャーを掛けてくるでしょう。そうなるとお金の問題や相手の配偶者の問題なども絡み合ってきます。もし相手の配偶者にまでバレてしまった場合には、同じようにあなた宛に慰謝料請求が届いてしまうことでしょう。
つまりは、W不倫はあなた、不倫相手ともに自分の配偶者、相手の配偶者からそれぞれ2件の慰謝料請求を受けてしまう可能性があるということです。仮に自分も不倫相手も双方離婚ができたとしても二人とも慰謝料まみれになってしまっているかもしれません。
ここでお伝えしたいことはW不倫を成就させたいならば、不倫の事実が絶対にバレてはいけないということです。特に片方が配偶者に離婚を伝え、離婚交渉に入ってからは落ち着くまでは会わないという決断が必要となります。バレたらほぼジ・エンドです。

スポンサーリンク



W不倫を成就させるには?

非常にハードルが高く、リスクが高いW不倫の成就についてですが、一番重要なことは不倫相手との信頼関係の構築です。正直並大抵の信頼関係の場合、簡単に壊れてしまうぐらい高い壁に挑んで行くわけです。双方の覚悟と信頼が心の拠り所になります。片方でも意思が揺らいでしまったら成就は成し得ません。まずは不倫相手が本当に信頼に当たる人間か、同じ意思をもってイバラの道を突き進んでいけるのかを一歩引いた眼で確認をしてください。そして少しでも不安に思うことがあるのであれば、間違いなく失敗しますので、今の関係に満足するか、別れることをお勧めします。それぐらい大変ということです。
実はサイトの管理人であるキムラには、W不倫を成就させた友人Tがいます。
ここではTのお話をもとに、W不倫を成就したいあなたにアドバイスをさせていただきます。
Tは20代で結婚し、子供も出来、家も買い普通に幸せに暮らしていました。
ところが30を過ぎた頃に転職をした会社で、転職の同期入社の女性Kと仲良くなり、TはKに惹かれ恋をしてしまいます。でも相手のKも既婚者でした。そんなことは気にせずTはKにアプローチを掛け交際することになりました。双方が既婚者ということもあり、初めは割り切った付き合いをしていたのですが、二人とも不倫にのめりこんでしまいます。そうした不倫生活が半年ぐらい続き、Tは自分の気持ちを抑えられず、Kに対して離婚をして再婚をしたいという意思を伝え、Kもそれに同意をして、離婚の道に突き進んでいきました。
Kは過去に一度、相手方と離婚をするしないで揉めた経験があり、その時の古傷をもう一度蒸し返し、そして子供がいなかったということもあるので、それはそれで大変だったようですが、半年程度で離婚をすることができました。
一方のTは、協議の形では全く話が進まず、離婚調停にまで進み、約1年半掛けて離婚に至りました。
つまりは約1年半という時間を掛けて、TとKの二人は双方離婚し、その後1年後に再婚をすることが出来ました。

離婚をしたくない相手と離婚をするために

そんな友人Tから「妻が離婚に同意してくれないんだがどうすればいい?」と調停離婚の経験がある私に相談をしてきた際、私が彼にアドバイスをしたことは、3点でした。

夫婦関係が破綻していることの実績づくりをすること

離婚をするには正当な理由が必要になります。協議離婚ができない場合には、後々の調停離婚、裁判離婚を見越して、夫婦関係が破綻していることを前提にした離婚だというストーリーをきちんと作っておく必要があります。当然ながら、不倫相手と再婚したいなんていう理由は全く通用しません。
民法770条1項5号に「婚姻を継続し難い重大な事由」という記載がありますが、これは夫婦が婚姻継続の意思をなくし、夫婦としての共同生活を回復する見込みがない状態のことを言います。
そのためにできることは、「別居」をするということです。別居をして夫婦関係が破綻をしていることの実績づくりをするのです。
正直、お金も掛かりますし、配偶者にも通常の生活をしてもらう必要がありますので、生活費は当然渡さなければなりません。
最低1年程度はこの生活に耐えうる預貯金があるかが重要です。長期戦になるのは間違いない為、お金が無い場合は実家に戻るなどの対応が必要になります。
ただこれにより、配偶者に対しても離婚に対しての強い意思をアピールできます。
Tは安アパートでの一人暮らしをスタートしました。

スポンサーリンク



慰謝料、相当な財産分与は覚悟する必要がある。

離婚をしたくない相手に同意を求める場合には、お金で交渉していくしか方法はありません。
Tはマンションを数年前に購入していたのですが、別居開始後から配偶者と子供がそこに住んでいた為、ゆっくり時間を掛け、マンション売却
の同意を得た上で、マンションを売りに出しました。数ヶ月掛かったものの、マンションが売れ残債を差し引いても500万程度は残る形でした。そのお金を交渉材料に、残債分全て+慰謝料200万円+毎月の養育費という条件で最終的に調停離婚に至りました。彼は財産のほどすべてを失う形になりましたが、離婚を手にすることができました。それだけの覚悟が必要ということです。

不倫相手の存在がバレないようにすること

不倫がバレると、前項で説明したような慰謝料地獄に陥るだけではなく、配偶者の心情面からも離婚のハードルが跳ね上がります。
つまり「自分を捨てて、あなただけが幸せになるなんて絶対に許せない!」と相手の気持ちに怒りの火を点けてしまうのです。そうなってしまうと元の鞘には戻らないとは分かっていても、嫌がらせの為、いつまで経っても、いくら払っても、離婚をしてくれなくなってしまいます。仮に夫婦関係が破綻していることの実績作りに別居を始めたとしても、別居を始める前からの関係だったと知られてしまうと、夫婦関係を破綻さえた原因が不倫ということになり、裁判離婚になったとしても離婚をすることができなくなってしまうのです。別居期間中も相手の目がないからと安心することなく、不倫相手とは会わないようにする必要があるのです。
Tは私のアドバイスを聞き入れ、実行に移し、なんとか1年半の歳月、全財産、子供の親権を失いながら、離婚を手にすることができました。
彼は離婚をして10年ぐらいになりますが、今はKとの間にできた子供と3人で仲良く暮らしているようです。そして、毎月の養育費支払いも欠かさずに行っているとのこと。なんの責任もない子供に対して唯一できること、自分がしたことを忘れないために、毎月贖罪の思いを持つために、彼は自動振込でなく、手動で振込を行っているとのことでした。

最後に

W不倫を成就させるというのは正直並大抵のことではありませんし、お金も精神もすり減っていきます。そして子供がいる方は特に、一時の感情に惑わされないようにしてください。不倫相手との感情は危ない橋を渡っているから、異常に高まっているのであって、それが数年してしまえば、今の配偶者と同じような生活が待っています。一歩下がって自分の状況を冷静に考えてください。そしてそれでもW不倫を成就したいとお考えの方には、当サイトの管理人であるキムラが今だけ無料相談をさせていただきます。無料と言っても私にとって、メリットがないわけでなく、将来的に有料コンサル化する為の実績作りと考えていますので、もし興味があれば、お問い合わせフォームよりご連絡をください。すぐに返信でなくても本気の方には必ず返信します。それでは。

-不倫の問題
-, , , ,

Copyright© 夫婦の不倫や離婚の問題 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.